MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 資格試験の検定料が足りず現金化

資格試験の検定料が足りず現金化

(2017.08.3)

A・Eさん(名古屋県在住/40代男性/会社員/既婚)のお話

Aさんは保険のセールスレディとしてバリバリ働き、自宅では主婦業も立派にこなす、「お母さんの鏡」ともいえる人です。主に生命保険を取り扱っていたのですが、このたび会社の勧めもあり、またAさんも仕事の幅を広げるため、「損害保険募集人資格」を取ることにしました。

生命保険でも、トップクラスの営業成績のAさんでしたが、育ち盛りのお子さんもいて、去年念願のマイホームを購入したばかり。自動車や、自宅のローン、子供の教育費などを考えると、頭の痛い日々。まだまだ稼がなくてはいけません。

そこで、「損害保険募集人資格」はなんとしても欲しい所。申し込みを済ませます。

後日、最愛の息子の誕生日がありました。ホームパーティをして、息子のねだるゲームをプレゼントとして購入し、思わぬ出費となりました。もちろん、息子の喜ぶ顔が見られたことに満足していた、Aさん夫妻でしたが、問題は資格試験の1週間前に起こります。上司から、「資格試験の検定料を持ってくるように」と言われたAさん。金額はなんと32,500円。

「今月は息子の誕生日で出費があったし、そんな余裕は無いよ・・・・」途方にくれたAさん。「お金が無いから試験を受けられません」なんて、トップのセールスを誇るAさんには恥ずかしくて言えません。もちろん夫に相談することも、家計を預かっている身としては出来ませんでした。

借金も考えたのですが、自分に「万が一」のことがあった場合、わずかと言えども借金は残ります。それに借金が癖になり、破滅した人をAさんは見ています。

「どうしよう・・・・」Aさんは、学生時代からの親友のTさんに相談します。するとTさんは「携帯料金決済現金化」という聞きなれない言葉を口にしました。

「何それ?」と聞いてみたところ、携帯電話のキャリア決済を利用した方法で、借金ではないため、審査や保証人は不要でTさんも、ピンチのときはそこで凌いでいるという話。「Tがやっているなら、安全なんだろう」そう思ったAさんは、早速検索してみることに。

そこで、目に留まったのは「モバテン」というサイトでした。

「メールで完結」と書いてあったものの不安なAさんは、電話で問い合わせてみることにします。すると女性スタッフが対応してくれて、説明をしてくれました。

銀行の営業時間にもよるとの事ですが、入金まで最短10分という速さで、来店不要ということで、30000円必要だと伝えると、還元率のことを丁寧に教えてくれました。

「本当に借金ではないんですか?」Aさんはそこのところを念入りに聞きました。

すると、もちろん審査や保証人は不要ということで、借金ではないため貸金業の許可も取っていないという回答で、安心したAさんは申し込んでみることに。「こんなに簡単なの?」と聞きたくなるくらい、簡単に入金され、無事Aさんの口座へ。後日資格試験を終えたAさんは、胸をなでおろしTさんに教えてくれたお礼として、ランチをご馳走しました。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る