MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 窮屈なスマートフォンライフは現代人の死活問題

窮屈なスマートフォンライフは現代人の死活問題

(2017.08.31)

インターネットの普及、携帯端末の進化によって私たちの生活は日々便利になっていきます。しかし、その上で別の悩みが生まれることもあります。スマートフォンの本体容量というのもその一つではないでしょうか。

Android端末を使っている人はSDカードを用いて古いデータを整理することが可能ですが、IOSユーザーの場合そうはいきません。スマートフォンユーザーの命題、スマホの本体容量問題は思っている以上に根深いのかもしれません。

 

使わないアプリの整理で、容量増加

スマホの本体容量を増やす上で大切なことは、とにかく不必要なものを捨てていく、ということです。例えば、アプリで考えてみましょう。いつか使うかもしれないと思って、一応ダウンロードしてみたけれど、結局一度も使っていないアプリ。こういうアプリに心当たりのある人も多いのではないでしょうか。しかしスマホの中に占めるアプリの容量というのはバカにできません。本体容量が少なくなってきたぞと思って、使用割合を調べてみたらアプリが圧迫していた、なんていうことも。そうならないためにも、定期的にスマホの中にある不要なアプリを削除して本体容量を増やしてあげることが大切です。

 

容量を増やすには、とにかく情報の整理を行うこと

不必要なものを捨てていく、ということで、アプリの次に捨てていくものは携帯内に残っている情報です。スマホでインターネットページを閲覧すると、その履歴がブラウザアプリ内に残ります。これを放っておくと、やはり結構な本体容量圧迫に繋がってしまいます。利用していないアプリのキャッシュも同様で、こまめに削除することでスマホに余裕を与えることができます。履歴繋がりで言えば、電話の発着信履歴も同じです。もしかして、スマホになってから一度も発着信履歴を削除していない、なんていうことはありませんか? 忘れがちなところですから、こまめにスマホをチェックして整理してみましょう。他にもメールやゲームアプリもキャッシュを溜め込む特性があるので、定期的に削除することをオススメします。

 

データの引っ越しで本体容量を確保

ここまで主に、スマホの中にある不必要なものをいかに処理していくのか、という話をしてきました。しかし、中にはどうしても必要なデータや写真、動画があると思います。けれどそれを消さないと本体容量が足りない。そんな時にはデータの移行をしてください。Android端末であればmicroSDカードの中に写真や動画ファイルを写し、バックアップ完了です。IOSの場合はAppleが提供しているクラウドサービスにデータを逃がすのが一般的です。しかし、無料のストレージには限りがあるので、そういう時には公式以外のサービスを検討するのも良いと思います。最近ではGoogleやAmazonといった一大企業もこういった分野に強い関心を示しています。Amazonの有料会員であれば、無制限の写真ストーレジを利用することが可能ですし、Googleの場合もアカウントを所持していれば同様のサービスを利用することができます。スマホ本体には必要最低限の情報を残して、残りのデータは別の場所に一度移すという考え方がこれからの主流になるでしょう。

 

終わりに

この他にもスマホの本体容量を増やす方法はまだまだありますが、先ずは、自分のスマホは何によって本体容量を圧迫されているのかを確認してみてはどうでしょうか。使い慣れたスマホにも、意外に知らない事実や機能が満載です。最近ではキャリア決済にも注目が集まっていますね。キャリア決済機能を利用して金券を購入し、それをモバテンのような買い取り企業に販売することで現金を工面する小技です。注意としては買い取りを信頼できる企業に行ってもらう必要があるので、電話やメールでの対応が一年を通して可能か、女性のスタッフが在籍しているか、還元率は7割以上かといったことを重視しなければいけません。ここでは本題に逸れてしまうので詳しくは書きませんが、前述したモバテンは上記の条件を全てクリアしています。正しいスマホの知識で、利用の幅を広げてみてください。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る