MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 一時的な金欠を乗り切るために現金化

一時的な金欠を乗り切るために現金化

(2016.08.24)

貯金が少なくなって

 

ブラック企業勤務からフリーター生活へと転身したT・Yさん。手元のお金が尽き、一時は消費者金融に手を出すことまで考えたそうですが、幸いにもモバテンを知り、苦境を脱することができたと話してくれました。

 

T・Yさんの場合(東京都在住/30代男性/アルバイト/独身)

 

お金が必要になった理由

 

20代のころに勤めていた不動産会社はいわゆるブラック企業で、死に物狂いで働いていたのですが、給料は満足いくものではありませんでした。それでも責任感から働き続けていたのですが、30歳の夏に体調を崩してしまいました。精神的にも肉体的にもボロボロだったので、それを機に会社を辞めて、しばらくはのんびりフリーターをして過ごそうと決めました。当初は貯金も50万円くらいあったのですが、目減りしていく一方で、このまえついに底を尽きました。「貯金がない!いよいよまずい!」とバイトを掛け持ちするようにしたのですが、次の給料日まで一時的に所持金がなくなる事態に…。さすがに三十路になってまで親を頼りたくはなかったので金策を始めました。

 

現金化を知った経緯

 

手元に30,000円さえあればなんとかなると思ったので、バイトの休憩中や終わったあとに、スマホで調べまくりました。そんなとき目に飛び込んできたのが「携帯現金化」という言葉でした。「え?そんな方法あるの?」と驚きましたね。

 

現金化をした感想

 

「30,000円あればいろいろな支払いを滞りなく済ませられる!」と、一時はものすごく視野が狭くなっていました。でも、親やバイト仲間や友人たちには、絶対に借りたくなかったんです。だから、もう正直、「闇金しかないのかな…」とあきらめて、実際に闇金のサイトもいくつか見てみました。ですが、やっぱりどこか怖くて、踏ん切りがつかなくて困っていたときに知ったのがモバテンの現金化でした。拍子抜けするくらい簡単に30,000円が手に入って、同時にものすごい安堵感に包まれたのを覚えています。

 

非合法な消費者金融に借りるのではなく、モバテンは安心・安全な携帯現金化をおすすめします!

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る