MENU

ギフト券買取ホーム  >  iTunesギフト券の買取とは?

iTunesギフト券の買取とは?

iTuneコードとは、Appleのオンラインストア(iTunes StoreやApp Store)でアプリ・音楽・各種コンテンツの購入の際に利用できるプリペイドカードです。iTunesコードは、プリペイド形式で販売されており、有効期限はなく、コード自体はXから始まる16桁の大文字英数字で構成されています。
iTunesコードの金額は、一般的なものは1,500円・3,000円・5,000円・10,000円の4種類があります。
その他にもバリアブルタイプというものもあり、これはご希望の金額を自由に設定することができます。(※ただし、当店で買取ご希望のお客様は、10,000円以上のバリアブルタイプのiTunesギフト券の場合、買取お手続き完了までにお時間かかりますのでご注意ください)

デジタルタイプとは

デジタルタイプのiTunesギフト券とは、インターネット上で購入できるもので、メールを通してギフトとして送信できる商品です。「iTunesカード」のカードに記載されているコードの情報のみを扱っており、インターネットやスマートフォンが普及している今、一番使いやすいギフト券です。つまり、全国どこからでもメールを通してプレゼントをすることができ、また反対にプレゼントでもらい不要な時は売却も可能なものです。
販売されているサイトはいくつかあり、当店ではドコモオンライショップ、ソフトバンクオンラインショップで購入されたお客様のみ買取をさせて頂いております。

カードタイプとは

コンビニや家電量販店などで販売されてるカードタイプの商品です。カードタイプの場合、裏面のギフト番号の部分を削り利用することができます。
(※当店ではこちらのタイプのギフト券は買取を行っておりませんので予めご了承下さい。)

当店でのiTunesギフト券買取方法

お手続きは全てWEBで手続き完了

当店でiTunesギフト券の買取をご希望の場合、iTunesコードを当店へメールで送って頂きます。当店にて必要な情報を確認後、お客様の指定された口座へ通常10分以内にお振込させて頂き、買取手続き完了となります。
このように全ての手続きをWEB上で完了することができるため、ガラケー・スマホ・パソコンのいずれかがお手元にあれば、お申し込み当日にお振込まで完了することができます。(※ただし、繁忙期を除きます)
また2018年10月より各金融機関にモアタイムシステムが導入されたことにより、24時間着金確認ができる銀行が増えました。対応銀行の詳細につきましてはこちら(リンク: https://moba-ten.com/pricelist/fee_day/ )をご確認下さい。
次に、各キャリアが提供している決済サービスの仕組みについてご案内致します。

ドコモケータイ払いについて

ドコモの携帯電話を持っている方がご利用できるサービスです。スマホだけではなく、ガラケーやタブレットをお持ちの方もドコモの回線契約があるとご利用頂けます。1台(1回線)ごとに利用限度額が設定されており、お客様のご利用状況(契約年数や月々のご利用料金の支払い状況)によって変化します。

ドコモIDとは?

ドコモでは、「ドコモケータイ払い」の他に「ドコモID」の決済があります。この決済方法では、スマホだけではなくガラケーのお客様の利用可能です。(ただし、一部未対応の端末もございます)

この決済方法は、携帯電話やスマホをかざすだけで買い物ができる「おサイフケータイ」での支払い方法にドコモIDの決済があり、この決済方法は後払いに設定することができます。

また、ドコモIDでの決済枠は、ドコモケータイ払いの決済枠とは別ものになります。

ドコモのキャリア決済のキホン

ドコモで契約した携帯電話にキャリア決済という便利な支払い方法が設定されています。大変便利な決済方法ですが、意外と知られていない決済手段でもあります。キャリア決済とは、簡単に言うとクレジットカードのカード番号などの入力が必要ないものです。実際どういった仕組みなのか確認してみましょう。

ドコモケータイ払いとspモード決済の違いってなに?

両者ともキャリア決済には変わりありませんが、利用している携帯の種類や購入するものによって分けられます。

ドコモケータイ払いは、ガラケー(フューチャーフォン)とスマートフォン両方で利用でき、購入するものはネットサイトでの物品購入が対象となります。spモード決済は、スマートフォンで利用でき、スマートフォン向けのアプリケーションやデジタルコンテンツ(音楽・映像)の購入が対象となります。

ソフトバンクまとめて支払いについて

ソフトバンクの携帯電話を持っている方がご利用できるサービスです。ソフトバンクのキャリア決済は「ソフトバンクまとめて支払い」といいます。複数台契約している方はそれぞれにご利用限度枠が設定されております。このご利用限度枠はお客様の契約状況(契約期間・お支払状況)によって設定金額が異なります。

この決済方法では、主にスマートフォンで購入することが多いデジタルコンテンツ(アプリケーションや音楽、電子書籍等)の支払いや、インターネットショッピングをした購入代金を月々の携帯電話料金と合算して支払うことができる大変な便利なサービスです。

またY!モバイルをご契約のお客様もソフトバンクまとめて支払いを利用することができます。

「S!まとめて支払い」と何が違うの?

ソフトバンクには、ソフトバンクまとめて支払いの他に「S!まとめて支払い」というキャリア決済もあります。この2つの見分け方は、ご自身が利用されている端末によって切り分けられます。「ソフトバンクまとめて支払い」は、スマートフォン・タブレット(iPadやAndroidタイプのもの)を契約されている方向けのサービス、「S!まとめて支払い」はガラケーを契約されている方向けのサービスです。名称は異なりますが、サービス内容はほぼ同一です。

ソフトバンクの締日っていつなの?

ソフトバンクには、他社と違う特徴があります。それは締日が3種類あり、「10日」「20日」「末日」とお客様によって異なります。ボーダフォン時代から長くご契約されている方は10日締め、ソフトバンクになってから契約された方は20日締め、法人契約をされている方は末日締めの方が多いです。

締日の簡単な見分け方は、「携帯電話料金支払い日+4日」と考えて頂くと分かりやすいかと思います。例えば、毎月16日に携帯電話料金が口座引き落としされている方は「20日締め」となります。ただし、こちらの計算方法はあくまでも目安となりますので、正確なご自身の締日を調べる際は、MySoftbankかお近くのソフトバンクショップ、またはお客様センターへお問い合わせ下さい。

Y!モバイルの締日っていつなの?

ソフトバンクと同じサービスが多い印象のY!モバイルですが、締日は異なります。ワイモバイルでは、一律で「末日締め」の体制となっておりますので、ご注意ください。

【豆知識】ソフトバンクカードって便利なの?

最近、ソフトバンクでおすすめしている「ソフトバンクカード」という新しい支払い方法があります。実はこのカード、融通がきくとっても便利なカードなんです!

ソフトバンクカードには、利用方法が2パターンあり、通常のプリペイドカード(お金をチャージしてから使う)で使う方法、おまかせチャージと呼ばれるクレジットカードと同じような機能が付いている方法があります。プリペイドカードとして利用する際はMy Softbankからチャージを行い、チャージした金額はソフトバンクまとめて支払いで翌月の携帯電話料金と合算で請求となります。「おまかせチャージ」の場合は、ソフトバンクカードと連携する引き落とし口座を設定して頂くと、チャージを毎回しなくても自動でされ、残額などを気にせず利用できるようになります。また、支払いの際、店頭では1回払いとした後でも、「後リボ」という分割での支払いにご自身で設定変更もできます。さらにおまかせチャージだとTポイントも2倍貯まるようになっており、溜まったポイントはソフトバンクの携帯電話料金の支払いの割引にも使用することができます。

このようなカードはドコモやauにもありますが、ソフトバンクカードはもう1点特徴があります。通常、プリペイドカードで発行したカードをクレジット機能がついたものに変更するとき、カード自体は再発行となり、カード番号なども全て変更となります。しかし、ソフトバンクカードでは、プリペイドカードで発行したカードをおまかせチャージへ機能変更した後でもそのまま同じカードで使い続けることができます!

ソフトバンクカードを上手く使って、ポイントも貯めて賢く利用できるととってもお得でいいですよね。