MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 店舗運営費をカバーするために現金化

店舗運営費をカバーするために現金化

(2016.09.20)

体験談 カレー

 

夫婦2人でカレー屋を営んでいるK・Wさん。ところがある日、ヘルニアを発症してしまい、1か月以上の無収入の状態が続き、店舗運営費の補てんのために利用されたそうです。

 

K・Wさんの場合(山形県在住/60代男性/自営業/既婚)

 

お金が必要になった理由

 

30年間、夫婦2人でカレー屋を営んでいます。妻が接客、私が厨房担当で切り盛りしてきました。日に何度も寸胴を持ち上げたりするので、慢性的に腰を痛めていました。ある日突然、激痛が走り、歩けない状態になってしまいました。妻に付き添ってもらい病院へ直行すると、「ヘルニアを発症しているため最低1か月の自宅療養」という診断でした。ホッとしたのも束の間、収入が1か月以上無くなるという現実に突き当たりました。真っ先に考えたのがお金のことで、店舗維持費の数十万円に、治療費と通院費が上乗せとなると、夫婦が生活していくには、貯金が底を付きそうな状況でした。

 

現金化を知った経緯

 

唯一寝ながら出来るスマホで色々ネット検索していると、体調崩された方や自営業の方が携帯現金化を利用したという話を目にしました。金銭面でも困っていましたが、身体の自由が利かなかったこともあり、携帯電話1つで出来、来店不要、簡単だったという話も多かったモバテンさんでお願いすることにしました。

 

現金化をした感想

 

本当に審査もなく携帯電話を操作するだけで入金されていました。お金が関係することだと、時間や手間だけでなく、神経もすり減ります。しかし、携帯現金化は本当に簡単で、身体的・精神的にも負担なく利用出来ました。治療にも専念できるようになりましたし、1か月は乗り切ることができそうです。お金の不安があると、治療費を節約したり、無理してお店に立ったりして、悪循環になるようなことをしていたと思うので、本当に助かりました。

 

仕事に支障が出る怪我は怖いですよね。お金を工面したくても体が上手く動かせない。そんな時、携帯だけでできる携帯現金化は身体的、精神的にも優しいサービスかもしれませんね。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る