MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 急なお葬式で香典を用意できず現金化

急なお葬式で香典を用意できず現金化

(2016.09.15)

体験談 葬儀

 

アルバイトと年金生活で夫婦2人暮らしのA・Hさん。突然親類の訃報が届き、葬儀の出席出費で、現金化を利用することにされたそうです。

 

A・Hさんの場合(東京都在住/60代男性/アルバイト/既婚)

 

お金が必要になった理由

 

私は定年退職を迎え、アルバイトと年金で、妻と2人穏やかに生活してます。そんなある日、いとこの訃報が届きました。幼い頃から一緒に遊び、兄弟の様な存在だったので、突然の訃報で、何とも言えない切ない気持ちになりました。葬儀へ出席するため、早速地元へ戻ることにしました。ただ、私の地元は1時間に1本しか電車が止まらないほどの田舎にあるため、交通費の往復分だけでも1人5万円以上、夫婦2人だと10万円以上かかり、もちろん香典代も必要になります。

 

現金化を知った経緯

 

計算してみるとあと数万円の現金が足りないことが分かりました。数万円で消費者金融を利用するには抵抗があり、インターネットで検索をしていると、私と同じ様な状況の方の体験談を見かけ、携帯決済サービスを利用したとあったので、さらに調べてみることにしました。携帯電話を連絡手段以外で利用したことがなかったので、手続き等も面倒かと不安でしたが、分からないことは電話で説明してくれて、24時間対応してくるという体験談もあり、モバテンさんにお願いすることに決めました。

 

現金化をした感想

 

心配していた面倒な手続きや審査もなく、分からないことがあっても、早朝にも関わらず電話で対応して頂きました。対応もものすごく丁寧で初めての私でも、安心して利用することが出来ました。手続きが完了すると10分も経たないうちに入金も完了されおり、費用の問題も解決し、いとこを無事に天国へ送り出すことが出来ました。

 

大切な人が亡くなった時、お金の心配をしなければいけない。そんな事態にならないためにも、携帯電話現金化は覚えておくべき手段ですね。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る