MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 急病で生活費が足りなくなってしまい現金化

急病で生活費が足りなくなってしまい現金化

(2016.10.10)

体験談 急病

 

フリーターで一人暮らしのR・Tさん。ある月病気で一週間ほどアルバイトを休むことになってしまい、給料が減ってしまい生活費の工面のために当店をご利用されたそうです。

 

R・Tさんの場合(埼玉県在住/20代女性/アルバイト/独身)

 

お金が必要になった理由

 

私は、大学を卒業してから親元を離れ、目指している職に関する勉強をしながらフリーターをしています。普段は1カ月無理なく過ごせるくらいはあったのですが、先月インフルエンザにかかってしまい出勤停止になってしまいました。一週間ほど強制的にお休みになったので、今月はお給料が5万円も少なくなってしまったんです。普段から生活自体には困っていなかったものの、貯金はなかったので一気に生活が厳しくなってしまいました。

 

現金化を知った経緯

 

自分の夢のために地元を離れて一人暮らしをしていたので、親に生活費が足りないと泣きつきたくはなかったし、地元のようにお金の貸し借りを出来るほど信用しあえる友人もいなかったので、本当に困っていました。ネットでお金に困った時の対処法をたくさん調べ、携帯現金化というものにたどり着きました。まずはとにかくどんなものか知りたかったので問い合わせをしてみました。

 

現金化をした感想

 

お金に関わるサービスだし、今まで聞いたこともなかったので、なんとなくドラマの「闇金ウシジマくん」みたいなイメージを抱いてしまい、問い合わせる時正直少し怖かったです。でも、実際に電話をしてみると応対してくれたのが優しそうな女性でとても安心しました。サービスの内容も「auかんたん決済」を利用して申込みをするもので、怪しいところは一切ありませんでした。また今回のようなピンチになった時は利用したいと思います。

 

病気は予測しにくいものですよね。生活費があと少し足りない…そういった時は是非モバテンをご利用ください。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る