MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 老人ホームの初期費用支払いのために現金化

老人ホームの初期費用支払いのために現金化

(2016.09.12)

体験談 老人ホーム

 

介護サービスをうけるために老人ホームへ入居することを決断したK・Sさん。思ったよりも入居金が高く、少し補うために現金化を利用されたそうです。

 

K・Sさんの場合(神奈川県在住/60代男性/無職)

 

お金が必要になった理由

 

酒造メーカーを退職後、2か月に一度の収入の年金で生活をしています。やはり現役のころの生活と違い、貯金を切り崩して節約しながらの生活を心掛けています。そろそろ1人で全てのことをまかなうのも厳しくなり、 民間の介護サービスを受けるために老人ホームへ入居を決意しました。そこで、初期費用(入居金)として結構な金額が必要になることが発覚したのです。

 

現金化を知った経緯

 

消費者金融などをこの年になって利用したくても年金生活の私の状況では審査などは通らないことは分かっていました。そんな中、茶飲み友達のAさんに相談したところ以前、自転車で転んでケガをしたときにどうしても治療費が必要になり、携帯現金化を利用した話をしてくれました。早速、Aさんからモバテンさんを紹介してもらったので電話で問い合わせをしてみました。私の携帯は機種が古いので「携帯はガラケーのみで出来るのか?」と尋ねたところ、まずは限度額の枠の確認をしましょうとのことで、丁寧に説明をしてもらいました。長年ずっと使い続けていたおかげで限度額もそこそこあることが分かりました。とても丁寧に対応して頂いたので、モバテンを選びました。

 

現金化をした感想

 

申し込んだ日がちょうど休日ということもあって銀行の振込みが翌日になるかと思いましたが、当日に入金できる銀行口座をたまたま持っていたのでそちらに入金してもらいました。実は初期費用を支払うの期日が3日後に迫っていたので大変助かりました。現金化をして難を乗り越えることが出来ましたので、 私自身は、また利用することは今のところ考えていませんが、 親切に応対してくれた携帯現金化のモバテンさんには感謝しています。

 

新しいことを始めるときは必ず初期費用が発生してしまいますよね。ガラケーでも現金化はご利用頂けますので是非お申込み下さい。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る