MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 一人暮らしの親への生活費仕送りのために現金化

一人暮らしの親への生活費仕送りのために現金化

(2016.09.19)

体験談 仕送り

 

会社員のK・Tさん。年金生活を送っているお母さまに生活費用として渡すために携帯現金化を体験したと話してくれました。

 

K・Tさんの場合(東京都在住/40代女性/会社員/独身)

 

お金が必要になった理由

 

私には今年、満75歳になる高齢の母親がいます。母は70歳まで仕事をしていました。引退後は年金が「頼みの綱」でした。足りない分は一人娘の私に頼るしかありません。年齢を重ねれば医療費などがかかります。特に心臓病の持病もある為、検査費用等も掛かるので馬鹿になりません。給料から毎月2万円ほど仕送りしていたのですが、今回は給料日前だったので残高が少なくなっていたのでどうしようかと悩んでいました。

 

現金化を知った経緯

 

親は高齢ですし、不自由させたくはありませんでした。お金に関する情報をネット検索していると「携帯現金化の体験談」についてブログが書かれていました。そこには自営業の方が医療費に困って現金化したらとても助かったとの話が載っていました。これを読んで私にも出来るかと思い、たまたまサイト広告に出ていた「モバテン」に申込みをしてみました。

 

現金化をした感想

 

問い合わせしたところ、まずはキャリアの限度額を確認した方が確実とモバテンさんからアドバイスを受けました。私の携帯はauで10年を以上、契約していたので「auのかんたん決済」の限度額が65,000円ありました。そのうち次月の支払いを考慮して30,000円分を携帯で現金化する事出来ました。申し込みをして30分かからずに入金確認できたので、いつも通りの金額を母に手渡すことが出来てほっと一安心しました。困っている人にはホント便利なサービスですよね。

 

大切な家族の為に何とかしてあげたいと思うのは当然ことですよね。きっと貴方様のお役に立てる可能性があるかもしれません「頼みの綱はモバテン」へまずはご相談下さい。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る