MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 【豆知識】携帯電話会社にキャリア決済現金化したことが伝わったらどうなるの?

【豆知識】携帯電話会社にキャリア決済現金化したことが伝わったらどうなるの?

(2017.07.18)

携帯料金決済現金化を利用した際、注意しなくてはいけないのが、「各携帯電話会社にばれないようにしなくてはいけない」ということです。違法性については説明してありますので、合法だということはお分かり頂けたかと思います。

しかし、携帯電話会社が最も心配しているのは、「利用料金の未払い」いわゆる踏み倒しについてです。クレジットカードと同じで、信用取引に当たるわけですから、商品の購入代金は業者へ支払われ、未払いとなった場合、損害をこうむるのは携帯電話会社です。

各携帯電話会社では次のように規定しています。

ドコモケータイ払い

spモード利用規約内

auかんたん決済

auかんたん決済会員規約内

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクまとめて支払い利用規約内

ばれた場合、サービスの利用停止も

各携帯電話会社の対応は上の通りですが、最悪の場合キャリア決済の利用停止までありえるということです。これほどまでに厳しい措置がとられているのは何故か?それは先ほどの通り、「料金の踏み倒し」あった際に、損害をこうむるのは携帯電話会社です。さらに、携帯料金決済現金化を利用するのは「お金に困っている人」という認識があるのでしょう。つまり「危ないお客」と見られているということです。

でも本当に困ったときは仕方ない

しかし、本当に困ったときに、携帯電話会社は助けてはくれません。さらに、借金も出来ない、頼るところもない、という人たちは、一体どうすれば良いのでしょうか?

自分が悪い、自己責任だといえばそれまでなのですが、本来私たちを助けてくれるはずの「携帯料金決済現金化」が携帯電話会社にとって、グレーな存在になってしまったのは残念でなりません。これも一部の利用者や、悪質な業者によるものでしょう。もちろん無理な利用はいけません。携帯電話が必需品となった現代において、携帯電話を止めてしまうということはまずありえないでしょう。さらに、今後ローンやキャッシングもブラックリストとなって、利用できなくなる可能性があります。

無理な利用はお勧めできませんが、本当に困ったというときは仕方のないことですし、誰にでもあることですから、恥ずかしがることも罪悪感を感じることもありません。

それでも利用したい!どうすれば良い?

それでも利用したいという方のために「ばれない方法」というものをお伝えしたいと思います。多くの業者が利用しているのは、「アマゾンギフトカード」などです。このギフトカードを購入し、誰かに送る際、業者のアドレスをそのまま入力してしまうというのは避けたほうが良いでしょう。業者のほとんどが宣伝を行っていますから、メールアドレスから業者を推測することは容易です。

そこで、ギフトカードを「自分に送る」という項目があることに気がつくと思います。自分で受け取って、業者に転送することで、ばれることはほぼ防げます。「危ないお客」という認識から、サービスの利用停止など厳しい措置がとられていますが、「ばれずに利用したい」という方のための豆知識でした。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る