MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 急にお金が必要なら!迷わず携帯料金決済現金化!

急にお金が必要なら!迷わず携帯料金決済現金化!

(2017.06.19)

最近の調査で日本における、消費者金融の利用者数は約1,400万人にのぼるとされています。大手消費者金融が大々的にテレビCMを打ち、それだけ利用に対するハードルが下がったということでしょうか。

過去の対面式の借り入れから、無人契約機へ、そして学生や主婦でも借りられる消費者金融の存在など、「困ったときは消費者金融に」と皆さんの頭の中にはあるかもしれません。

そして利用目的の内訳では、「生活のため」という理由が最も多く、「今月ピンチ」という場面を消費者金融でしのいだ人が、とても多いことが分かっています。

 

携帯料金決済現金化って?

確かに困ったときにカード一枚でお金を貸してくれる消費者金融は、強い見方となるかもしれません。しかしそれよりも強くお勧めしたいのが、「携帯決済現金化」という仕組みです。皆さんは「キャリア決済」というものをご存知でしょうか?

その名の通り、各携帯キャリアが用意した決済方法で、後払いで商品が購入でき、携帯料金と一緒に請求の来る「ツケ払い」だと考えてください。

ドコモだと利用月数によって5万円まで、auだとこちらも利用月数によって異なりますが、10万円まで、ソフトバンクの場合利用3年以上で20歳以上の場合10万円まで決済可能な額が設けられています。

ここで肝心なのは、「誰にでも10万円までの枠がある」ということです。家計をやりくりしている主婦の方や、単身赴任のサラリーマンなど、どうしてもピンチに陥りがちな方にも枠があるということなのです。 

これから紹介するのは、本来商品購入などに使われるこの「キャリア決済」を「現金化」しようという仕組みです。

 

全てネットで完結・ギフトカードを購入するだけ

どのようにして「現金化」するのかというと、Eメールタイプのギフトカードを購入し、それを高還元率で買い取ってもらうというだけの話です。

全ての手続きがネット上で完結するため、誰かに知られることもありません。さらに借金ではないため利息や返済などの後に渡っての取り引きというものが存在しません。また借金の請求書が自宅に来て大もめに・・・なんてこともありません。10万円よりも枠があるという点では、確かに消費者金融の方が、魅力的に感じるかも知れません。

しかし本当に生活のためのお金に、10万円を超えるような借金が必要でしょうか?おそらくその場しのぎのためのお金であれば、3~5万円もあれば十分ではないでしょうか。もっと少なくてもいいという方もいるかもしれません。

今月ピンチ、という時たいていの人がいくら必要なのか把握できておらず、「とりあえず10万円」などと多めに借りてしまうものです。

しかし携帯料金決済現金化では、携帯料金と一緒に請求が来るということが、頭にあるため使いすぎることはありません。今や小学生でも携帯電話を持っているのですから、社会人として携帯電話を止めてしまうというようなことは避けるべきでしょう。

 

モバテンってなに?

これから紹介するのは、携帯料金決済現金化に取り組むサイトが多い中で、業界最高水準の高還元率で、満足度NO.1の「モバテン」というサイトです。

もちろん借金ではないため、審査や保証人は一切不要で、最短10分というスピーディーな振込み、24時間営業での対応など、安心度もNO.1ではないでしょうか。

事前に利用可能か3秒診断なども行っているため、「申し込んだけどダメだった・・・」というような二度手間も踏ませません。

50,000円購入時の買取金額ですが、72%に当たる36,000円が口座に振り込まれます。これで今月ピンチという場面もとりあえずしのげるのではないでしょうか。

携帯料金決済現金化の利用者数は増えていて、これからも増え続けるものと思われます。使いすぎると携帯電話が止まってしまう、のは当然ですが急場をしのぐのには何よりもこの「携帯料金決済現金化」をおすすめしたいと思います。

 

気になった方、今すぐ申し込みをしたい方はコチラ👇

一覧へ戻る