MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 格安スマホでキャリア決済は使える?それとも利用不可?

格安スマホでキャリア決済は使える?それとも利用不可?

(2017.10.9)

 

近頃その利便性が話題のキャリア決済ですが、多くの人が疑問視しているのは、格安スマホでキャリア決済が使えるか否かという点です。

近年は大手三大キャリアであるau、soft bank、docomoに追随して楽天モバイルやイオンモバイル、Y!mobile(ワイモバイル)といったインターネットサービスを提供する企業が台頭してきています。

それらの企業のストロングポイントは何と言っても、その安さでしょう。通称「格安スマホ」と呼ばれているそれらの端末の注目度は年々増しています。

格安スマホとキャリア決済。2つの次世代サービスの併用は可能なのか、調査してみました。

 

キャリア決済って?

本題に入る前に情報を整理しておきましょう。格安スマホが何かということについては前項をみていただければ分かりますが、キャリア決済について疑問符を浮かべている人のために、こちらも説明しておきます。

キャリア決済とは、携帯電話のキャリアが用意している決済方法のことで、最大で10万円まで枠が用意されています。

買い物などに利用することができるのでとても便利です。支払いは携帯の利用料金と同じタイミングで行うため、クレジットカードの代用品として使うこともできます。

翌月に支払うシステムなので利息も発生しませんし、キャリア主導で提供するサービスの為、安心して利用することができるのも特徴です。

近年はこのキャリア決済を用いてamazonギフト券などの金券を購入し、買い取り業者に、購入金額の何パーセントかで買い取ってもらう「現金化」というサービスが注目されています。

インターネットと電話上で手続きが完結するので、モバテンのような優良会社を利用すると最短10分程でお金が手に入るというのが特徴です。

即日ですぐに現金が欲しいという人のニーズにがっちり当てはまったサービスですね。

このような使い方ができることからも、キャリア決済の注目度は非常に高いのです。

 

格安スマホでのキャリア決済利用について

話を本題に戻します。

格安スマホでキャリア決済を利用できるか否かについてですが、結論から言えば「一部は」利用不可です。

例えば楽天モバイルやイオンモバイルですと、キャリアとの契約というプロセスを踏みません。ですからキャリアのメールアドレスを利用したり、キャリアが提供するサービスであるキャリア決済を利用したりすることは事実上不可能なのです。

通常のスマホと比較して半額程度の月額料金で運用できる代わりに、このような弊害もあるということを理解しましょう。

しかし格安スマホの中でもsoft bankの子会社に当たるY!mobile(ワイモバイル)では「ソフトバンクまとめて支払い」というキャリア決済を利用することができます。

今後も大手キャリアと格安スマホを提供する企業との力関係次第ではこういった例外も増えてくる可能性が大いにあるでしょう。

 

現金化の魅力と落とし穴

一部を除き、格安スマホでのキャリア決済は利用不可ということがわかったところで、最後にキャリア決済を用いた現金化の落とし穴について説明させていただきます。

現金化は金券を買い取ってくれる業者が存在して初めて成立します。しかし近年はこの現金化を悪用した詐欺まがいの取引を行う悪質業者も増えているのが現実です。

 前述したモバテンはサポートも充実しており、年中利用できる安全な企業ですが、まだまだ怪しい業者が大手を振って存在しているのも間違いありません。

現金化は正しく使えば大変役立ちますが、一歩間違えるとトラブルに巻き込まれかねません。

キャリア決済を利用することのできるスマホを持っていて、これから現金化を利用する可能性がある方は、業者選びに細心の注意を払いましょう。

一覧へ戻る