MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > Androidユーザー必見!GooglePlayでエラーが生じた際の対処法

Androidユーザー必見!GooglePlayでエラーが生じた際の対処法

(2017.11.20)

 

昨今携帯端末の進歩は目覚ましく、多くの人が従来のガラパゴス携帯からスマホへと乗り換えています。そんなスマホの中でも大まかに分類して、iPhoneなどのiOSと、それ以外のAndroidが存在します。

前者の場合はアプリのダウンロードをAppストアで行い、後者はGoogle Playで行います。しかし、Android携帯を使っている方からは、このGoogle Playが突如利用できなくなるというエラーが報告されています。

それには様々な原因と対処法が存在しますが、今回はGoogle Playでエラーが生じた際の解決方法をご紹介していきます。

 

Google Playの他にGoogleアカウントの認証で利用可能になる機能

Google Playを利用するにあたって、大前提としてGoogleのアカウント(メールアドレス)を持っている必要があります。また、アカウントを持っていると、Google Playでアプリをダウンロードする以外にも様々なサービスを利用することが可能となります。

これらのサービスはAndroidユーザーだけではなくiPhoneユーザーも利用できるのでしっかりと押さえておきましょう。具体的には下記の機能などが利用可能となります。

・Gmail

・Googleドライブ

・Googleカレンダー

・Googleフォト

これらのサービスはGoogleトップページの左上から確認することができます。

Google Playで何らかのエラーが生じてサービスの利用ができなくなった場合、上記のサービスにも利用エラーが生じる場合があります。Google Playで何らかの不具合が生じた場合、他のサービスを利用することや、操作に問題がないかも確認してみましょう。

 

Google Playでエラーが生じる原因

次に、トラブルが生じる原因について記していきます。残念ながら、エラーの詳細な原因についてはGoogleから公式の発表が行われないので不確かなのですが、考えうることは幾つかあります。

通信状況のエラーであったり、Androidスマホ側の問題でアカウントの認証エラーが出たり、OSの故障など、必ずしもGoogle側の問題とは言い切れない場合もあります。

原因がどうしても分からない、状況が改善しないという場合には、自分のスマホのみに問題が起きているのか、他の人にも同様の症状が起きているのかを確認するようにしましょう。

もしも同様のエラーが広い範囲で生じているのであれば、Google側が解決するのを待つ他ありません。

ですが問題が生じた際には一度タスクを整理する、再起動するなどして対処するようにしましょう。基本的にスマホのトラブルシューティングはパソコンと同じようなものになるので、特別迷う必要はありません。

しかし、再起動やクッキーの削除はパソコンと方法が違うので、スマホでの具体的な手順を以下に紹介していきます。

 

エラーが起きた際の対処法

Androidスマホにエラーが生じた場合、Googleアカウントとスマホの紐付けにエラーが生じている可能性が高いです。そのため、一度Googleに関連するアプリの設定をリセットして接続し直すことで、エラー解決を図るのが最も確実です。

その上で先ず、設定しているGoogleアカウントを一旦全てログアウトする必要があります。設定画面から「アカウント同期」を選び、ログイン中のアカウントを削除することでこの手順が完了します。

次にGoogle関連アプリのデータを一度全て削除します。削除はアプリ一覧からGoogleアプリを選択すると「データ消去」という項目があるのでそこから行えます。

次いで一度スマホの再起動を行います。再起動後にもう一度Googleアカウントの同期を行うことで、Google Playのエラーは解消します。他のGoogle関連アプリ使用中にエラーが生じた場合も同様の手順で解決することが可能です。

 

エラーを回避するためには

こう言ったエラーは頻繁に起こるわけではありません。日頃からスマホに過度の負担がかからないよう、小まめにタスクの整理を行い、就寝前などに再起動を行うことである程度防ぐことができます。

問題が解決しても、やはり上記の手順自体は結構手間がかかりますから、こう言ったエラーが生じないよう、日頃からスマホに負荷がかからないよう心がけましょう。

一覧へ戻る