MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > Gmailのアカウントを忘れてしまった!解決方法は?

Gmailのアカウントを忘れてしまった!解決方法は?

(2017.10.6)

 

個人での利用は勿論のこと、最近は法人でも社内メールのやり取りで使われることが多いGmailのアカウント。今の時代、1人1個はこのアカウントを持っていると言っても過言ではないでしょう。

Googleの提供する様々なサービスとの互換性も高く、フリーメールとしての使い勝手も良いので重宝しますよね。Androidのスマホユーザーは、アプリのダウンロードにアカウントが必要となるので、ほとんどの人が持っているはずです。

しかし、だからこそGmailのアカウントを忘れた、なんていうことになったら慌ててしまいますよね。しかしそれは誰にでも起こりうる事態でもあります。

今回はGmailのアカウントを失念した際の対処法を解説していきます。

 

Androidスマホのユーザーがアカウントを忘れた場合の対処法

冒頭でも説明したように、Androidユーザーの場合はGmailアカウントが必須となります。

端末にもその情報が登録されているので、もしも機種変更等をして忘れた場合でも、前のスマホから確認することができます。

方法としては「設定」画面に飛び、その次に「アカウントと同期」を選択します。

この画面ではGmailの他にも端末と同期しているSNSのID情報を確認することもできるので、覚えておきましょう。

 

端末に登録していなかったアカウントを思い出したい場合

Androidユーザーの中で、Gmailアカウントを複数所持していて、忘れてしまったアカウントが端末に登録されていなかった場合もありますよね。

仕事用やプライベート、サイト登録用など、複数のアカウントを用途別に所持しているとこういった事態に陥りやすくなります。

忘れたアカウントの情報は「google.co.jp」のメールログイン画面から探すことができます。ページの右上に「Gmail」という項目があるので、そこをクリックします。

ログイン画面の他に「アカウントを探す」という項目があるので、そこから予備のアドレス、又は電話番号宛に確認コードを送ることができます。画面の指示に従いながら、アカウント登録名の入力等を行う必要がありますが、難しくはありません。

最終的に確認コードを入力すると、アカウントからログアウトされた状態になり、アカウント名が表示されます。

その状態で再度アカウントをクリックして、パスワードを入力すれば通常通りログインすることができます。

 

パスワードを忘れた場合

この場合も「google.co.jp」を選択してください。手順は若干異なりますが、同じように再発行することができます。ですがパスワードの確認手続きの方が若干面倒な行程を踏むことになります。

アカウントを忘れた場合は”パスワード”、パスワードを忘れた場合は”アカウント”を覚えておく必要があるので注意してください。

両方を忘れてしまった、という場合は事実上再発行が不可能だと考えておいた方が良いでしょう。

過去に複数の携帯やパソコンで同一のGmailアカウントを利用している場合には、何れかの端末にアカウントの情報が残っている可能性が高いです。場合によってはログイン状態を保持していて、問題なく利用できるケースもあります。

そういう端末から情報を確認し、再発行の際の参考にしましょう。

 

Gmailアカウントを忘れないためには?

アカウントを忘れてしまうというのは、インターネット社会特有の悩みだと言えます。情報がウェブ上に集約され、管理されている時代だからこそ昔ながらのやり方に頼ってみてはどうでしょう。

紙の手帳でスケジュールを管理しているという人は、そこにアカウント名だけでも書いておけばいざという時に便利です。

パスワードまで書いてしまうと危険ですから、それは何かに書いても家の中の安全な場所で管理するべきです。全ての情報をウェブ上、端末上で完結させないことが情報管理のコツになります。

一覧へ戻る