MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > Google Playストアが突然使えなくなった!Androidユーザー必見の解決方法とは

Google Playストアが突然使えなくなった!Androidユーザー必見の解決方法とは

(2018.02.9)

 

スマートフォンは大きく分けて、iOSとAndroid携帯の2種類が存在します。前者は所謂iPhoneなどの端末で、後者はそれ以外のものになります。Android携帯の場合、Google Playストアでアプリなどのダウンロード、コンテンツの購入を行います。iOSで言うところのAppストアに当たるGoogle Playストアですが、それが使えなくなる、といったトラブルがAndroidユーザーから頻繁に寄せられます。そんなAndroid携帯のトラブル、Google Playストアのエラーについて、その解決方法をご紹介します。

 

そもそもGoogle Playストアのエラーとは

Google Playストアでエラーが発生するとはいっても、発生するエラーは一つではありません。エラーコードには、「24」「101」「400」「403」「492」「498」「500」「919」「923」「961」など、様々なものが存在します。これ以外にも、サーバーからの情報の取得中にエラーが発生した、と表示されるものも確認されています。エラーの種類は複数ありますが、上記のようなエラーが発生してしまうとGoogle Playストアの使用に問題が生じます。開くことができない場合や使えない場合、そもそも繋がらない場合など、症状は様々です。また、Google Playストアを開くことができてもアプリのダウンロードや、アプリ内コンテンツの購入ができない場合なども存在します。

 

問題はGoogle Playストア以外にも広まる

Google Playストアでエラーが発生してしまうと、紐付いているGoogle提供サービスの使用にも支障をきたすことがあります。Gmailアプリの起動ができなかったり、Googleブラウザのアプリが起動しなかったりするのが、その一例です。Google ChromeやGoogle+、Google driveやGoogle Calendarのトラブルも報告されています。こうなってしまうと当然、Android携帯を正常に利用することはできません。仕事やプライベートに大きな支障をきたすことは明白ですから、早期に解決したいですね。

 

Google Playストアにエラーが生じる原因は?

ここまでGoogle Playストアと関連アプリのエラーについて説明してきましたが、原因は一体何なのか、ということを次に考えていきます。発生するエラー、トラブルの共通項には「Google」が存在します。つまり問題はGoogle側にある、ということなのですが、毎回具体的な発表がされるわけではないので、詳細については不透明な部分が多いのが現実です。ただ、想定できる原因としては

・サーバーやスマホの問題で接続できなくなるような障害が発生している

・サーバーには問題がないけれど、スマホ側の通信状況に問題が生じ、Google関連サービスの利用ができない状態になっている

・サーバーには問題がなく、AndroidOSに何らかの問題が生じ、サービスを正常に利用できない状態になっている

といったようなことが考えられます。

 

Google Playストアにエラーが発生した場合の対処方法

上記の流れを踏まえて、次にエラーの解決方法についてご紹介します。ここまで説明した通り、Google Playストアや、並行して使えなくなるサービスはGoogleが関連しています。そのため、利用しているGoogle関連アプリから一度、ログアウトして、同期を解除することが最も早い解決策となります。設定画面からGoogle関連アプリを探し、全てのアプリから一度ログアウトしてください。次に、アプリそのものも一度削除し、その後Android携帯を再起動します。再起動を完了させたら、再度既存のGoogleアカウントを設定し、同期してください。多くの場合、上記の流れを実行することでエラーは解消します。万一それでも解決しない場合には、一度キャリアのショップに持っていき、スタッフに相談してみるのが良いでしょう。

 

終わりに

スマートフォンは小さなパソコンのようなものです。パソコンでも稀にトラブルが生じるように、スマホでも同様のことが起こり得ます。そんな時は解決方法もパソコンと同じです。また、このような問題を未然に防ぐためにも、お使いのスマホを定期的に再起動し、データの削除をしっかりと実行することを推奨します。

一覧へ戻る