MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > iTunesカードを盗む詐欺に注意。横行する犯罪に引っかからないためには?

iTunesカードを盗む詐欺に注意。横行する犯罪に引っかからないためには?

(2017.11.14)

 

Appleが提供する、様々なサービスを利用することができるiTunesカード。音楽やアプリの購入などが代表的ですが、インターネット社会を代表するような便利なシステムですね。しかし残念なことに、最近ではこのiTunesカードを利用した詐欺が横行しているというのです。

インターネット上のみでやりとりが完結するからこそこういったことが起こってしまうのかもしれません。Appleの公式サイトでも注意喚起をしていますが、こういった悪質な被害に遭わないためには、正しい知識を身につけておくことが大切なのです。

 

Apple公式サイトでの呼びかけとは?

前項でも触れましたが、Appleではこうした詐欺に対して注意喚起を行っています。

具体的には、

・税金や医療費などの支払いに関する督促。

・緊急性が高いことを強調してくる。

・支払いに振り込みを要求してくる場合もあるが、近年ではiTunesカードを要求する例がある。

・iTunesカード裏面に書かれているコードは他人に教えないこと。

・iTunesカードの利用はAppleが提供しているサービスの購入のみに徹底すること。

といったようなことがホームページに記されています。しかしこういった注意喚起も虚しく、現実にはiTunesカードを利用した詐欺に引っかかってしまう人が結構いるものです。

昨今話題の現金化においても、iTunesカードやアマゾンギフトカードを利用したものが多く、被害が後を絶ちません。Webという匿名性の高い環境だからこそ生まれる、まさに現代らしい犯罪と言えるでしょう。

 

今後もこういった犯罪は増える?

今でこそ下火になりつつありますが、一昔前は俗にいう「LINE乗っ取り詐欺」というものが横行していました。これは何らかの方法で個人のLINEアカウントを乗っ取ったのち、そのLINEのIDに登録されている別の個人に向けてiTunesカード、又はアマゾンギフトカードのコードを求めるといった手口です。

乗っ取ったLINEアカウントの人間になりすまして事件や事故に巻き込まれたフリをする。この方法は「オレオレ詐欺」などの手口と大枠が同じです。

オレオレ詐欺、LINE乗っ取り詐欺と姿を変えていますが、今後も別の方法で被害は更に拡大してくことが予想されます。

 

被害に遭わないための対策

では被害に遭わないためにはどのようにすれば良いのでしょう。やはり先にも挙げた通り、正しい知識を身につけることが一つです。そしてもう一つは、確認を怠らないことです。

例えば料金の支払いという名目の督促が来たら、一度折り返すという風に言って、相手が名乗った機関にしっかりと確認をする。息子を名乗る人間からの連絡であれば、こちらから再度連絡すると言って、自分の携帯から息子に連絡するなど。

 こういった単純な対策で、実は被害の大半を防ぐことができます。犯人側はこちらの動揺を誘い、選択と思考の余地を奪うことで巧みに金銭を巻き上げているのです。だからこそ我々は、落ち着いて自分の時間を持つことが大切になります。

 

業者を名乗る詐欺の場合

最近は息子や行政を名乗る電話だけではなく、業者を装った詐欺も増えています。現金化などもその例で、新規事業だからこそ多くの詐欺が横行しています。

こういったサービスを利用する際には、信頼できる業者を選ぶことが大切です。例えば現金化をする際、聞いたこともない会社を使うのではなく、ある程度しっかりとした地盤があり、実績もはっきりしている業者を利用するといいでしょう。

私が知る中ではモバテンなどが有名です。モバテンは信頼も厚く、多くの実績を作っており、それは公式サイトからも確認することができます。また、24時間年中営業しているということもあり、非常に融通が効くのも特徴です。

このように、信頼できる業者と取り引きする、ということが現金化の鉄則なのです。

一覧へ戻る