MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 携帯料金決済現金化の今と、これから

携帯料金決済現金化の今と、これから

(2017.08.25)

携帯料金決済現金化サービスを利用している人が着実に増えています。借り入れとは違い、契約業者の設けているキャリア決済枠を通じての取引という新しさに注目が集まっていますね。私自身もこのサービスを初めて耳にした時は、中々の衝撃でした。

それこそ昔はどうしようもない程お金に困ったら、親や身内、それが無理ならば消費者金融に足を運ぶしかない時代でしたからね。

携帯料金決済現金化は10万円までという制限があるものの、利息がなかったり、銀行さえ動いていれば即日現金が手に入ったりという意味では非常に心強いサービスです。

現在進行系でお金の工面に苦しんでいる人も、近い将来纏まったお金を必要としている人にも、ありがたいサービスになるのではないかと思います。

 

悪質業者に注意。現金化の思わぬ落とし穴

さて、ここまでは携帯料金決済現金化の良い面を見て参りましたが、その次に悪い面を見ていきたいと思います。厳密にはシステムの欠陥ではなく、この制度を利用した悪質業者が問題です。

既に書いたように携帯料金決済現金化サービスは、キャリア決済の枠を利用して換金可能な商品を買い入れ、それを買い取り業者に買い取ってもらう、というプロセスになっているのですが、ここに目をつけた悪質業者がいます。

例えば、購入した金券などを不当に安い値段で買い叩き、利用者を苦しめるという事例は後を絶ちません。アダルト詐欺やクリック詐欺、出会い系のポイント詐欺など、インターネットやスマートフォンを利用した詐欺は多数ありますが、今後携帯料金決済現金化詐欺というのも、一つのジャンルとして確立していく危険性はあります。

特にこのサービスを利用する人の多くは、金策を急務としており、切羽詰まっていますからね。そういう人たちの焦りや弱みに付け込み、卑劣な手段を使う業者は今後も後を立たないでしょう。

我々はそれに対して徹底的に注意し、また周りの人々にも注意を促す必要性があります。詐欺や悪質業者に引っかからないことが、その撲滅への第一歩なのですから。

 

携帯料金決済現金化詐欺、その実態は想像以上

携帯決済で商品を購入することができ、それを悪質なまでに安い金額で買い叩く業者に注意をしなければいけない、というのは既にお分りいただけたと思います。

そのついでとは言いませんが、現金決済化を使った手口は他にも存在するということを説明させていただきます。

例えば先ほど少し触れた『アダルト詐欺』の場合。うっかりアダルトページの広告を踏んでしまい、サイトにジャンプした瞬間「有料ページだからお金を払え」という風に言ってくるのです。冷静に考えたら恐ろしくふざけた言い分ですけど、そんな連絡がきたら驚いてしまいますよね。

そして業者は、金銭を要求する場合もありますが、現金決済化サービスを利用して金券などを購入させて、それを送ってくるように迫る場合もあります。

出会い系にしてもアダルトにしても、色々な入り口はありますが基本的な手口は大体これです。怯まず、毅然とした態度で断るか、無視を貫きましょう。

 

知識武装で正しい現金化サービスの利用を

ちょっと怖い例も話してしまいましたが、我々が注意を怠らず正しい方法で利用すれば、携帯料金決済現金化サービスは非常に心強い武器となります。

『モバテン』のような、安全な会社もありますし、しっかりと知識武装をした上で利用する分にはとっても安全なサービスなのですよ。

このモバテンという会社は即日入金、多数の銀行への対応、親切な女性スタッフの対応、年末年始、祝日も含む年中無休といった誠実なサービスで消費者の側に立ってくれます。

恐らく、実際に悪質業者による詐欺が横行しているということをモバテンも把握しているからこそ、クリーンな業界形成、注意喚起に勤めているのでしょう。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る