MENU

携帯電話現金化ホーム > コラム > 携帯料金決済現金化は借り入れと違うって本当?

携帯料金決済現金化は借り入れと違うって本当?

(2017.07.12)

悪質な業者のせいで・・・

様々な場面で目にすることのある「携帯料金決済現金化」ですが、還元率が不当に低い業者のせいで、社会問題になっています。しかし悪質な業者の存在によって、本来私たちを助けてくれるはずの、携帯料金決済現金化が白い目で見られているのは問題です。

今回は携帯料金決済現金化の合法性と、その安全性についてお話したいと思います。

 

はじめに・携帯料金決済現金化について

はじめに携帯料金決済現金化についてお話したいと思います。各携帯電話会社が用意している、「キャリア決済」を用いて、ギフトカードなどを購入し、それを高還元率で買い取ってもらうという仕組みです。

初めてこの話を聞いたとき「そんな方法があったのか!」と目からうろこでしたが、「もうキャッシングも出来ない、友人や親戚も頼れない」というときの救世主となり得る取り組みです。

またいわゆる、「お堅い職業」についている人で、「どうしても借金はできない」という方もいるでしょう。そんな方の味方にもなってくれます。さらに「キャリア決済」は携帯電話の利用月数にもよりますが、10万円ほどの枠が用意されている場合が多く、ちょっとしたクレジットカード代わりにもなります。10万円を高還元率で買い取ってもらえばほとんどのピンチはしのげるのではないでしょうか。

 

携帯料金決済現金化は借金ではない

まず1つ目のポイントは、「携帯料金決済現金化は借金ではない」ということです。

貸金業法の下営業を行い、「貸付」を行っているのなら、還元率の低い業者は、とんでもない額の利息を取っている事になりますから、即逮捕されるべきでしょう。しかし携帯料金決済現金化というのは一度購入した商品を高還元率で買い取ってもらうという売買契約に基づいた「商取引」です。

ですから借金とはまったく違いますし、無理な勧誘の元成立した取り引きであれば問題ですが、お互いの合意の下行われているのですから、そこになんら違法性はありません。さらに借金ではないということは、返済や利息といったわずらわしい事に、頭を悩ませなくても良いということです。

一部の悪質な業者のせいで社会問題となってしまったのは残念ですが、新しい業種が生まれるときに悪質な業者が同時に生まれてしまうのは良くあることです。

そこで私が声を大にして言いたいのが、「健全な業者とそうでない業者」の見分け方についてです。と言うよりも、「携帯料金決済現金化」ならここしかない!と言えるぐらいの「モバテン」という業者です。

 

24時間営業・最短10分で入金まで

携帯料金決済現金化を利用する際、「借金ではない」とお伝えしましたが、申し込みに当たって「審査・保証人」は一切不要です。

さらにこの「モバテン」の強みは、24時間営業で対応を行っていて、銀行の営業時間などの事情にもよりますが、最短10分で入金までの手続きが行われます。

ピンチのときに審査などで待たされ、最終的にお金が入らないというのではなんの意味もありませんよね。「モバテン」ではそういったことはまずありません。あるのはキャリア決済が可能な状態か?ということだけです。

さらに対応可能な銀行もとても守備範囲が広く、銀行と名のつく銀行はほぼ手続き可能で、信用金庫やJAバンクまで幅広く対応してくれます。

こういったお金の絡む申し込みのとき、女性スタッフだとなぜか安心しますよね。「モバテン」では安心の女性スタッフが対応してくれるケースもあるようです。手続き上分からないことがあれば、オペレーターが丁寧に電話で説明してくれる上に、来店の必要はなく、全てメールで完結します。

違法でないということは先ほどの説明で分かっていただけたと思いますが、違法でない上に、「安心・安全」な業者の紹介を皆様にお届けしたいと思います。

 

携帯・スマホの現金化、キャリア決済専門店の口コミ満足度No.1!

携帯現金化が必要な際は是非モバテンをご利用下さい!!

(V)o¥o(V)携帯電話現金化お申込みはコチラ(V)o¥o(V)

一覧へ戻る